大事な話

唐突ですが
病気を宣告されるかもしれません…私。
いやきっとされます。

そうなってから改めて
「健康であることは財産」だと
本当に思います。

私には3つ離れた兄がいます。
兄はかなりの勉強家で私が記憶している限り
ずっとメガネかコンタクトをしています。

視力が悪いとお金がかかるんだなぁー。
と子供ながらに思ったことがあります。

私は初めて視力検査をしてから今日まで
ずーーーーっと両目1.5。

なんだったら2年前から右は2.0であることがわかりました。

本当にありがたい話。

そして
兄は幼い頃から鼻炎。
学校に箱のティッシュを持っていく姿を
毎日見ていました。

1日1箱て!

私は1箱使い切るのにどのくらいかかるだろうか…
それも使う用途が「鼻水をかむため」だけに絞ると1箱あったら3ヶ月は持つ気がする。


私よりは体の弱い兄。
先に生まれる時に私に弱いところがないように、もっていったくれたんではないだろうか…
なんて優しいんだ。


私は大した風邪をそんなに引くほうでは無いし
割と元気。

小さい頃、公園の石や砂場の砂を口に入れて
遊んでいたからだろうか
そこらへんの病原菌なんかはもぅ免疫ついてますって感じなんだと思います。
※兄はそんなことしている様子は無かった。
いつも勉強していました。


健康であるから
仕事ができるし、遊びにも行ける。

当たり前みたいな事だけど
どこか甘くみていたところがありました。


先日…喉の不調から珍しく風邪かなぁー?
とおもっていたのですが、

どうやらコレは…
甲状腺が腫れている。

私の母がかかった病気。
そして祖母もまたかかっていた病気。
  
それを疑いました。

遺伝って怖い。


心のどこかで自分はならないだろうと
思っていたけど、そうじゃないかもしれない。

考えれば考えるほど怖くなりますが
早めに検査しに病院へ行きました。

そこの病院を訪れるのは30年振り。
(5歳の頃行ったきり)

30年前から変わらない白髪のやさし~い
おじいちゃん先生。(名医)

当時幼稚園児だった
人見知りで注射が嫌いでたまらなかった私も
この先生は大丈夫だった記憶があります。

35歳になった今も
「ゆうこちゃん どうぞー」
と呼ばれるのは気恥しいけど、優しさは1ミリもかわっていませんでした。

おでこにシングルCDみたいな鏡をつけて
私の喉を看てくれます。


結局
血液検査をして結果待ち。

この待っている時間が一番恐ろしい。

覚悟はできているつもりですが、
受け入れれるだろうか。

今日仕事中に病院から電話があり
「結果でたから金曜日においで~」
と。

やや明るめのテンションの看護師さん。
かえって怖い。

自分がこんな状況になって改めて思うことが
あります。

健康であることは当たり前ではないし
したくても制限しないといけないこともでてくる。

高級車やハイブランドの洋服や鞄や時計は
お金があれば買える。
(私には必要ないけど。)

高価かどうかは別としても
欲しいもの したい事 行きたい場所を
目標にして仕事を頑張ることもある。

それだって健康であるからこそ。

健康はお金で買えるもんではない。
お金が無いと受けられない治療やオペはあると思うけど、健康だった頃の自分に時間を戻す事はできない。


毎日大事に生きないともったいない。
「明日やろーは馬鹿野郎」
って誰かが言っていたけど
明日が当たり前にくるなんて保証はどこにもない。

日頃からお世話になっている人には
感謝の気持ちを。
大事な人にはその想いを。
いつかじゃなくて
思ったその時に伝えるようにしよう!
そう思います。 




血液検査の結果がどうであれ
これを機に。
生まれ変わろう。
は言い過ぎかもしれないけど、変わろう。

自分にはもっと大事にしないといけないことが沢山あるんだなぁ。と
気付かされました。


まずは金曜日。
結果を受け止めに行きたいと思います。


報告はまた後日。


LA GRANDE ROUE
Yuco.kamakura

0コメント

  • 1000 / 1000